相手に喜ばれる出産祝いの手紙の書き方について

出産祝いは赤ちゃんの誕生を祝福するための贈り物として扱われるので、受け取った相手が喜ぶ物を選ぶのが社会的なマナーです。特にお祝いの手紙を贈る場合は赤ちゃんの誕生だけではなく、出産を行った母親の体調を気遣いながら新しい家族が増えてからの今後の生活を祝福する気持ちを文面に纏めることが重要になります。一般的には市販のギフトセットなどの出産祝いに添える形で一筆記すことになるので、予めマナーや文書作成について学習しておくように心がけます。また、お祝いの手紙をしたためる際は不吉な意味を連想させる特定の語句や言い回しを使わないように注意することも大切です。赤ちゃんを無事に出産できたことを祝い、今後の幸せな生活を願う意味を込めた手紙は母親にとって最も喜ばしい出産祝いになることから、書き記す文章は常識やマナーに沿うだけではなく、過度な装飾を避けて自分の心情に素直な表現にするのが贈る側に必要な心得になります。

出産祝いを贈る時には、心のこもった手紙を添えよう

赤ちゃんが生まれてしばらくすると、出産祝いをいただく機会が増えます。近年、贈り物として人気があるものは、ベビー服やおもちゃ、おむつケーキなどであり、赤ちゃんの生活に欠かせないグッズをプレゼントすることがトレンドであるようです。出産祝いを送る際に、心のこもった手紙を添えてみてはいかがでしょうか。産後のママは、毎日赤ちゃんのお世話で大変です。慣れない育児に、悩んだり、イライラしたり、孤独を感じることもあります。そんな時に、友人や親戚などから頂いた出産祝いに心のこもった手紙が添えられていたら、どんなにうれしいことでしょう。多くの人が赤ちゃんの誕生を祝福し、喜んでくれているという想いは、パパやママが子育てをしていく上での大きな自信につながります。頂いた手紙は、ぜひ大切に保管しておいて欲しいものです。そして、赤ちゃんが成長した時に見せて、我が子が生まれた時には本当にたくさんの人が喜び、幸せな気持ちになったということを伝えてみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめWEBサイト 5選

2016/9/14 更新